auto station ORIGINAL FLOOR MAT

「インテリアの雰囲気を変えたくて」「純正のマットがかなり汚れて痛んできたので」「純正より格安で購入できるなら、新車の購入に合わせて」「ドレスアップのためカラーや柄にこだわりたくて」

インテリアのリフレッシュから個性的なカスタマイズまで!!フロアマットならauto station

Point 1 完全受注生産によるオーダーマット

車種ごとに専用の型取りを行いフィッティングを追求したautostationのフロアマット。日本国内の生産工場にて製作している安心のJapan Madeクオリティです。ご注文をお受けしてから一台分ずつ製作するオーダーシステムです。そのため製作から納品まで10日のお時間をいただいております。
(※繁忙期等にはさらに期間が延びる場合がございます)


Point 2 安全を第一に考えたバッキング加工

フロアマットの裏面には、生地の型くずれとマットのズレを防止するゴム素材によるスパイク加工(バッキング加工)を施しております。ストッパーホールとの併用により安全性を第一に考えております。


Point 3 生地の耐摩耗性を考えたヒールパッドも用意!

運転時にはドライバーはカカトを軸にアクセル、ブレーキと操作します。もちろん接地する側のマットにはそのつどダメージが加わります。そこでカカトのこすれによる生地の傷みを軽減させるためオリジナルのヒールパッドをご用意しております(標準装着)。
(※ドレスアップ的な観点など、マットの生地模様を重視してヒールパッドを付けたくないというお客様のご要望にも応えるようにヒールパッド無しの選択もしていただけます。ヒールパッド装着の有無による価格の変更はありません)

写真はプリウス用純正。このように純正マットでもマットに掛かる負荷は相当で、痛みやすいのです。


Point 4 カラーの組み合わせも楽しめるロック糸加工

フロアマットの外周には、マットの生地と相性の良いロック糸を採用するオーバーロック加工が施されます。一点一点熟練した職人がミシンをかけて製作する逸品です。
(※このロック糸の色変更も行えます。まずはお問い合わせ下さい)


Point 5 ストッパーホールでズレ防止

運転席には、純正フックにならった対応として、ストッパーホールなどを装備。ズレによる運転へのストレスはありません。車種に応じた適正なサイズを使用しております。


Point 6 マジックテープによる固定でパーツ同士の連結も実現

複数のパーツに分かれる場合、各パートをつなぐマジックテープによる固定でマット同士のズレは最小限に抑えられます。


Point 7 価格は送料込みの納得プライス!

フロアマットに関しましては、送料を弊社が負担したお客様重視の納得プライスになっています。

国産車用 M-LINE